世界で通用するかどうか

日付: 2018-06-04
タグ: 日記 

世界で通用するかどうか、という話が、本に書いてあったけど、僕はそれについてはどうでもいいんじゃないかと思っている。

通用しなかったら、弾かれるだけだし、弾かれたらそこにいられないだけだとおもう。

通用するかどうかを考える必要があるのは、帰ってこれないほど、いろんなしがらみを捨てたからだと思うんだ。

そうじゃなくて、一つ一つ丁寧に、前に進んでいけば、通用するかどうかなんて考える必要はないんじゃないのかな。

ランダム記事(実験的機能)