存在意義は、関係者の数だけある

日付: 2018-06-02
タグ: 日記 

そもそもある対象が持つ存在意義は一つだけではなくて関係者の数だけあるのではないか。

関係者ごとに、存在意義を見出して、価値をデザインする必要がある。

価値をデザインするのはいいけど、どうなればデザインしたと言えるだろう。